小笠原ちあきのライブなライフ


ミュージシャンChiakiと、漫画家N美名子嬢のあいだで仕事、生活をするchakiのライブ三昧なライフの軌跡を紹介します。
by chaki2house
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

黒住憲五リハーサル

十数年ぶりにニューCD「Days of wonder」(ポリスター5/25)がリリースとなりました。
黒住憲五さんは青山学院大学時代にバンド「ブーメラン」でワーナーパイオニアよりデビューし、バンド解散後、大村憲司氏、是方博邦氏、大原礼氏、村上ポンタ秀一氏他と輝ける音楽活動を続け、作品提供アーティストは石川秀美、あおい輝彦、国生さゆり、三田寛子、など多数&バラエティ。
現在岡山でCM制作やライブハウスなどのプロデュースを手がけています。
特に、89年リリースの「PILLOW TALK」は、J.Prcaro、D.Grfield、N.East、ほかそうそうたるメンバーが参加して、とってもステキなアルバムです。
涼しげな風が吹くようなサウンドと、黒住さんの甘いボイスは軽くてメローでオシャレ!
ニューアルバムは「NANIWA EXP」のドラム東原力哉氏、ベースの清水興氏、参加で、「ブーメラン」時代のギター丹波博幸氏と一緒に1年がかりで完成しました。
そんな記念すべきアルバムに、私が1曲作詞で参加できたなんて、光栄です(^^)
発売記念ライブは5月31日(火)青山マンダラで7時半からスタートです。
当日でも大丈夫なので、是非のぞきに来て下さいね。
私もコーラスで参加しています。
詳細は黒住憲五さんのサイトで。kkengo.com
d0045905_344154.jpg
[PR]
# by chaki2house | 2005-05-26 03:01 | ライブ

ロスレコーディング

もう、そろそろ1年かぁ〜
メキシコバンドとのセッションで2曲レコーディングしたのはこの季節。
今年中にまた追加録音しようと思っていたんですが、デモCDは2曲のシングルとしてほぼできてしまいました。
自分自身そんなに変わった感じはしなくても、バンドが変わるととっても「チャンプル」になって、ちょっと洋楽の香りがするからふしぎ。
最近になって、スピーカーケーブルを換えただけで「音」が変わってびっくり。
このぶんで行くと、電源とか、コンセントとかどんどん換えて、「なんちゃってオーディオマニア」になりそうで、ブレーキかけています。
アイスノンみたいなジェル枕があって、それをテーブルタップや、プリアンプとか、差し込みのところに乗っけただけで「音」が変わるの。
そうやって、CDのミックスや、マスタリングのちょっとした変化に「違いの分かるオンナ」ができあがると、ややこしいことになっちゃうなあ〜なんて、困りつつ楽しんでいるの。
ロスで録った「音」はやっぱり「西海岸」のさわやかな風の音がするのよ!
やりたいこと山積みで、煩悩の数が多すぎて順番待ち状態です。d0045905_3155371.jpg
[PR]
# by chaki2house | 2005-05-19 03:16 | ライブ

小柳ルミ子さんコンサート

2002年、小柳ルミ子さんは「RUMICO」に生まれ変わってニューマキシシングルをリリースしました。
「 RUMICO」の「CO」はカンパニー、仲間を意味する。
そのときリリースした「TEN ZILLON〜百億の幸福に包まれて〜」を作詞させていただ関係でインビテーションをいただいたの。(#^.^#)
以前観たときは、諸事情によりダンスに封印した時期(;^_^;)で、あまり踊ってくれなかったんだけど、今回はすっごいよ!!!!
ライブタイトルは「C'est moi」フランス語で「これが私」という意味。
なんてショウアップされたステージなんでしょう!
今まで以上に洗練された歌とダンス、そしてなんと言っても「これが私」と言うだけあってルミ子さんの好きな歌、歌いたい歌、やりたい放題(あ、言い過ぎ・・・)を、とってもラフに、いい感じに気負いなく、歌って踊って2時間半!
あの美しくシェイプされた身体はホントびっくりです。
ウエストなんて両手できゅ〜〜って回っちゃうくらい細くて、背中の筋肉が割れてるの。
30代以降からの女性で背中の筋肉が割れてる人なんて見たことないもんで、無駄なものがなくてとっても気持ちいいのよ。
衣装はセクシー&ゴージャス。お色直しが3種で見せ場だらけなのよね。
その上、ピアノの弾き語りを披露してくれて、飽きるヒマもないの。
さすが、ピアノも弾けちゃうんだ、なんて改めて再認識。
サウンドはジャージーにリアレンジされて、往年のヒット曲も新しい気持ちで楽しめちゃう。
ダンスパートナーはラテン系(に見えるんですけど)のナイスガイで、エビちゃんというニックネーム。
ダンスコーナーは必見ね。
そして、アンコールに私の作詞した「TEN ZILLON〜百億の幸福に包まれて〜」を歌ってくださるなんて! あんな大きなステージで、生で聴けるなんて感涙ものよ!(ああ、小市民&ミーハー)
でも、分かっていただけるでしょ?ステージで自分の作品が聴けるなんて、何度経験しても感動ものです。
ううう、ルミ子さんありがとう!!!!

と、感激で胸躍る気持ちが冷めやらぬ間に、打ち上げに参加。
朝、4時まで打ちあがってしまいました。(^^ゞ
バンドのギター、酒井くんと4時間くらいしゃべってたかな?あはは
ルミ子さんって、なんてスタッフの方々に気を遣う方なんでしょう。
明日もステージがあるのに、みなさんに声をかけてくれて、打ち上げの会場までご自分で盛り上げてくれるの。
忘年会に行ったときも、スタッフの方々が歌うカラオケにあの情熱のダンスを惜しげもなくつけてくれるし、全然気取ることがないの。
ああ、明日も観たいです・・・
インビテーションください!と、言いたいのですが、チケット買ってでも(すみません、ふつう買うんです)楽しめますよ。
今日、14日も赤坂草月ホールで5時から演ります。絶対楽しめると思うよ。
写真は打ち上げ会場で、左からキーボードのキタさん、ルミ子さん、フルートも演るベースくん、ちあきです。


d0045905_972698.jpg

[PR]
# by chaki2house | 2005-05-13 09:02 | ライブ

黒住憲五CDリリース

32年前に結成された「ブーメラン」という幻の(なんか昔のものには「まぼろしの」と付くよね)バンドがあって、メンバーは4人で今はおのおの音楽活動しています。
そのボーカルの黒住憲五氏が、ギターの丹波博幸氏と一緒にニューアルバム発売となりました。
5月25日ポリスターから「days of wonder」¥2800、発売になります。

続けるってスバラシイね!!!!
参加メンバーが超ゴージャスで、NANIWA EXPのベース清水興さんとか、同じくドラムの東原力哉さんとか、これまでの黒住憲五氏にちがったスパイスを振りかけたってかたちで、「懐かしさ」と「新しさ」の両方兼ねそろえたアルバムにできあがりました。
高級温泉付きのリゾート合宿スタジオでのレコーディングに、NANIWAのメンバー、キーボードの中村さんは当日38度の熱をおして参加し、文字通り「熱」の入ったプレイをこれでもか、これでもか、とふらふらになって見せてくれるし、看護師さんが現れて点滴がはじまったり、胎盤注射やニンニク注射で、連日レコーディングと宴会の、あ!まちがい・・・レコーディングとミーティングの狂乱の日々を過ごしたのでした。
そして、レコーディングスタートからほぼ1年・・・・・待ちに待ったリリースになりました。

これだけもったいぶって紹介した後で、なんなんですが=====
このアルバムに私、小笠原ちあきが作詞で1曲参加しています。
そして、5月31日青山マンダラライブでは、コーラスで参加します。
詳しいことは黒住憲五ホームページで分かると思います。
KKENGO.COM
先日六本木のBARで、ポスターの前で撮った写真、いいでしょ?
その日は、黒住さんのドラムとカラオケ三昧(^^ゞ
ライブツアー、楽しみ!!!!
私は漫画家M嬢のマンガの締め切りのため、全部には参加できないけれど、可能な限り参加しまっす!


d0045905_3184927.jpg
[PR]
# by chaki2house | 2005-05-12 03:26 | ライブ

ジョー山中,at平塚RAIN

ゴールデンウィークの真っ最中、5月5日、平塚RAINのライブは熱かった・・・
メンバーは、キーボードの竹越くんと、いつものギター丹波博幸氏、と、ジョー山中さん。
このシンプルな構成がけっこうよくて、バンドの時と違ってジョーさんの歌い込みが感じられるの。
3人のバトルのような、コミュニケーションとれたセッションライブはなかなか力強いのです。
ドラムがなくても、3人で十分スピード感あるグルーブのある演奏を聴かせてくれる。
お客様がけっこう「オトナ」なのに、まだまだ侮れないくらいロックに熱狂する姿は青春そのもの。
そういうふうになりたいよね(^^)
このさき何年たってもロックコンサートはやめられないもの。
ギターの丹波さんはキーボードと2人だけでも、全開ばりばりロックギターを聴かせてくれる。
相手によって、アプローチを変えてくるから目を離せません!
キーボードとからみつくようなプレイは、ドラムがいないのを忘れさせてくれるほどの憩いでした。
ジョー山中さんのハイトーンも、抜けてましたわ〜
お酒を飲んで、一緒に揺れながら聴けるレゲエもオトナの楽しみだし、小さい編成でも安心して迫力あるステージを見せてくれるから、ジョーさんには裏切られ留ことがないね。
d0045905_247429.jpg
[PR]
# by chaki2house | 2005-05-05 02:30 | ライブ

道の駅どまんなかたぬまライブ

ゴールデンウィークのどまんなか、「道の駅どまんなかたぬま」でライブを演ることになりました。
ふだんなら東京から1時間半くらいで行けると思いますが、さすがに3時間半ほどかかりました。
道の駅って、野菜を売ってる観光物産館っていうイメージでしたが、ちゃんとステージがあってたぶんこの日1日で3000人くらいの人出があったと思います。
休憩時間に、あの大物ギターリストの丹波博幸氏が買い物かごをもって大根を選んでる姿がなかなかプリティーでした(^^ゞ
演奏はいつものようにバリバリですが、夜のライブと違ってお子様が多いし、風が強くて譜面台はぶっとぶし、大口をあけて歌ってると突風が吹いて口が閉まらなくなるし、こんなアクシデントがあるのでライブは楽しくてやめられませんね。
一緒にステージで歌ってくれた「さのっこ」のタカコちゃん、ありがとね。
タカコちゃんは毎週佐野の駅前で路上ライブを演ってるんだって。
そのうち渋谷あたりで歌ってるタカコちゃんに会えるかしらね?d0045905_1471555.jpg
[PR]
# by chaki2house | 2005-05-03 01:46 | ライブ

リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧