人気ブログランキング |

小笠原ちあきのライブなライフ


ミュージシャンChiakiと、漫画家N美名子嬢のあいだで仕事、生活をするchakiのライブ三昧なライフの軌跡を紹介します。
by chaki2house
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ライブ( 54 )

さぼってレコーディングに

編集さんや、アシスタント嬢がこれを見ていないことを切に希望します。
だって、自分の原稿も進まないし、またアシちゃんも人数すくないので、マンガの締め切りもさぼって夕方からレコーディングにいっちゃったもんね。(^^)

アニメじゃないの。
ビッグなロックンローラーさんよ。
発売日が決まるまでまだ内緒ですが、ちょっとコーラスを入れさせてもらったので、それを消されないようにチェック入れないとね・・・
おお!!!
ますますいい感じに仕上がってる。
明日は何の音が増えるのかなあ・・・
明日も行きたいけど、ううううううう(T.T) やめといたほうがいいだろうなあ。
d0045905_2141672.jpg

by chaki2house | 2006-08-15 02:14 | ライブ

ジョー山中 at クロコダイル

ジョー山中さんのライブは悪天候が多いような気がする。
前に台風の日があって、お客さんがずぶぬれでしかも街は渋谷と思えないくらい閑散としていた。
今回も台風のニュースが怪しい感じだったけど、なんとか天気ももってくれて、満員御礼になった。
9月3日に目黒雅叙園で「還暦ライブ」を演るので、最近ますますライブに迫力が増してきて、フラワートラベリングバンド時代の「あたけび系」の歌が絶好調なんです。
アンコールで「satori」を歌ってくれて、艶のあるあの高〜い声が聴けました・・・(^^)
今回の写真はずっと前のクロコのものですが、だいたいいつも同じ場所で撮っていたので、写真的にはこんな感じ。
カメラも、ケータイも忘れて家を出てしまった、私・・・オオボケ(^^ゞ
d0045905_64529100.jpg

by chaki2house | 2006-07-10 06:45 | ライブ

亀淵ユカin 横浜farout

亀淵ユカさんと言えば、ゴスペルの大家と言ってもいいくらい、コーラスグループ「ボジャ」を始め、そっち方面の育成にはずいぶん力を発揮なさった方・・・だと、思っています。
最近、オリジナル曲を加えて、ゴスペルとはちょっとちがう「ラフ」なライブ、名付けて「ご近所ライブ」というのを演っている。

住まいの近所で演るのではなく、どこへでもあなたのご近所に参ります、って意味なの。
オリジナル曲は、89才で亡くなられたお母様を思って作詞、作曲されたそうで、ホントに心のこもったずし〜んと来る曲です。

50年、60年代生まれには泣けてくる青春ソング、中山ラビさんや浅川マキさん、そしてカーペンターズや、今回は「真夜中のギター」あれ?誰の歌だっけ・・・志賀・・・・ま、おいといて
とにかくもんくなく、なんとなくいいです。
d0045905_2463323.jpg

by chaki2house | 2006-07-08 02:52 | ライブ

黒住憲五in MANDALA2

昨年5月、ニューアルバム発売以来、関西ツアーや東京でライブを演ってきた黒住憲五さんでしたが、だんだん趣向が変わってきて、今回はアコースティックライブでした。
ギターにアコギのトップスター安田裕美氏を加えて、パーカッションの上原ゆかり氏、いつものギター丹波博幸氏、バイオリンの伊藤佳奈子さん、とシンプルにまとめていた。
以前は私もコーラス参加していたんだけど、今回はすっかりお客さんサイドですっかり楽しんでしまいました(^^)
飛び入り参加で、なんと!私の大好きな役者さん、「中村梅雀」さんがベースをプレイ!!!!
なんてゴージャスなんでしょう!
中村梅雀さんと言えば、ドラマ好きな私は「信濃のコロンボ」シリーズの2時間ドラマ、これははずせないね。
それにしても、ベースはドラマの中でもちょこっとプレイしてるんですが、めっちゃイイネ(^*^)
あの明るいキャラがそのまんまサウンドになって、いつもの黒住憲五さんのライブがちょっと味付けが変わります。
だけど、この写真・・・黒住さん映ってない・・・ごめんね(^_^;)
d0045905_23431274.jpg
d0045905_2343272.jpg
by chaki2house | 2006-07-04 23:44 | ライブ

サカイマサヒト展 @ Ginz

小柳ルミ子さんのライブを観に行って、その日の打ち上げで朝5時近くまで一緒に飲んだのがきっかけ。
彼のギターはしゃれてるんだよね(^^)
小柳ルミ子さんには2002年にリリースの「ten zirion〜100億のしあわせに包まれて〜」という歌詞を書かせていただいた。
ルミ子さんのライブでは、出し切れなかった彼の個性(どっちかって言うとカワイイ部分)がふんだんに出ていて、シャイな彼のトークとばりばりな演奏とで、誠実なステージができあがる。
そうそう、なんか観た感じ「誠実」なの。
お客様全員から、サカイくん大好きオーラがひしひし感じるの(^^ゞ
3部構成になっていて、オリジナルのインストから、ゲストさんの歌有り、ダンス有りで、お客さんも踊り狂っていた。

このGinzというお店のステージがおもしろくて、客席からステージを見下ろす形になっていて、「のぞき心」に火が点くのです。
人間って見上げると遠い存在に感じるものでしょ?
こんなステージも親近感がわいて、あたたかいです。
サカイくんのライブは、ギターの種類、本数も見物なんです。
私が聴いたところでは、フルアコがセクシーです。
ジャージーなサウンドにちょっとロック魂が見え隠れしてる・・・感じ、かな?
d0045905_21145046.jpg

by chaki2house | 2005-12-01 21:15 | ライブ

NANIWA EXPat関西ツアー序章

前々から、黒住憲五氏のライブについてレポートしてきましたが、6月はその黒住憲五さんのCD発売記念ライブをいくつか演ってきました。
毎回の打ち上げが、言葉通り「打ちあがって」しまい、それはそれは狂乱のツアーでありました。
あこがれのバンド「NANIWA EXPRESS」のドラム東原力哉さんとべろんべろんの1ショットを紹介しまして、今後ツアーの一部始終をレポートしていきますね。
今回は予告編ってことで(#^.^#)
この写真と同じかっこの黒住憲五さんのポスターがあります。
d0045905_040163.jpg

by chaki2house | 2005-07-12 00:41 | ライブ

黒住憲五at南青山マンダラ

いよいよ「days of wonder」CD発売記念ライブの幕開けです。
ライブハウスと言えば、穴蔵的なちょっと古キタないイメージが多いのですが、この「南青山マンダラ」はとにかくシャレていて黒住さんに合っている。
最近やっと「和民」をおぼえたらしく打ち上げとか安上がりですが、いつもは六本木や青山のちょっとステキなバーに行くのです。
「俺、ビンボくさい雰囲気が苦手」と言い切ったとき、バックにバラの花が飛び散りましたもの・・・(^^ゞ
お酒は雰囲気で飲むものなんですって。
そんな黒住憲五氏ですから、ライブのメンバーは豪華でした。
ここまで言って、わたくし小笠原ちあきがコーラス参加させていただいたとはちょっといにくいのですが、私自身お客さんになっちゃって、すっかりライブを中から外から楽しんでしまいました。
サポートメンバーは藤井章司(Drs)丹波博幸(G)伊藤久之(B)寺田正彦(Key)
園山光博(Sax)三島一洋(Per)伊藤佳奈子(Vn)
ゲスト:南谷朝子(Vo.G)・鈴木祐輔(G)(Cho)にyoshino・yoko・そしてchiakiステージいっぱい満載です。
CD制作が15年ぶりなんて思えないほど、のびのいい甘いボーカルで、サウンドはAOR.。ホントに大人が気負いなく楽しめるライブです。
それにしても、十数年岡山在住の黒住さんがこのライブハウス一杯のお客様を飽きることパフォーマンスできちゃうパワーに圧倒されてしまいました。
フラッシュ禁止だったのでちょっと写真がボケテいますが、左が私、その隣がヨシノちゃん。
私の方が15センチ背が高く、彼女は15センチバストがデカイ。あは







d0045905_4525792.jpgd0045905_4532813.jpg
by chaki2house | 2005-05-31 04:51 | ライブ

Joe山中 at Thumbs up

最近ジョー山中さんのライブは、ギターの丹波博幸氏と、キーボードの竹越和之氏(まだ20代(^^ゞ)と3人っていうアコースティックな編成が多くて、だんだんいい感じに慣れてきました。
ジョーさんのステージは、サックスもブラスもコーラスもてんこ盛りなのもたくさん観ましたが、このアコースティックっていうのがまたちがった楽しみ方で、お気に入りです。
ボーカルをちゃんと聴くにはアコースティックはとってもいいですね。
少人数を感じさせない、すっごいパワフルなステージはさすがのジョーさん!
この「Thumbs up」というレストランバーは、そのビルの1F「Stoves」と浅間下のお店「buddy」と姉妹店で、感じがみんな似ているの。
オーナーさんが西海岸風が好きで、お店の中はちょっとした映画のワンシーンみたいです。
食事もおいしいし(お勧めはナシゴレン)、国際フォーラムとかホールで、飲食禁止のうえひざをただしてみんなでお行儀よく観るライヴよりは、なんかラフでお客さんもみんな酔っぱらいで全体的に「ライブな絵」になります。
雰囲気を楽しむには最高ね!


d0045905_259288.jpg
by chaki2house | 2005-05-27 03:00 | ライブ

黒住憲五リハーサル

十数年ぶりにニューCD「Days of wonder」(ポリスター5/25)がリリースとなりました。
黒住憲五さんは青山学院大学時代にバンド「ブーメラン」でワーナーパイオニアよりデビューし、バンド解散後、大村憲司氏、是方博邦氏、大原礼氏、村上ポンタ秀一氏他と輝ける音楽活動を続け、作品提供アーティストは石川秀美、あおい輝彦、国生さゆり、三田寛子、など多数&バラエティ。
現在岡山でCM制作やライブハウスなどのプロデュースを手がけています。
特に、89年リリースの「PILLOW TALK」は、J.Prcaro、D.Grfield、N.East、ほかそうそうたるメンバーが参加して、とってもステキなアルバムです。
涼しげな風が吹くようなサウンドと、黒住さんの甘いボイスは軽くてメローでオシャレ!
ニューアルバムは「NANIWA EXP」のドラム東原力哉氏、ベースの清水興氏、参加で、「ブーメラン」時代のギター丹波博幸氏と一緒に1年がかりで完成しました。
そんな記念すべきアルバムに、私が1曲作詞で参加できたなんて、光栄です(^^)
発売記念ライブは5月31日(火)青山マンダラで7時半からスタートです。
当日でも大丈夫なので、是非のぞきに来て下さいね。
私もコーラスで参加しています。
詳細は黒住憲五さんのサイトで。kkengo.com
d0045905_344154.jpg
by chaki2house | 2005-05-26 03:01 | ライブ

ロスレコーディング

もう、そろそろ1年かぁ〜
メキシコバンドとのセッションで2曲レコーディングしたのはこの季節。
今年中にまた追加録音しようと思っていたんですが、デモCDは2曲のシングルとしてほぼできてしまいました。
自分自身そんなに変わった感じはしなくても、バンドが変わるととっても「チャンプル」になって、ちょっと洋楽の香りがするからふしぎ。
最近になって、スピーカーケーブルを換えただけで「音」が変わってびっくり。
このぶんで行くと、電源とか、コンセントとかどんどん換えて、「なんちゃってオーディオマニア」になりそうで、ブレーキかけています。
アイスノンみたいなジェル枕があって、それをテーブルタップや、プリアンプとか、差し込みのところに乗っけただけで「音」が変わるの。
そうやって、CDのミックスや、マスタリングのちょっとした変化に「違いの分かるオンナ」ができあがると、ややこしいことになっちゃうなあ〜なんて、困りつつ楽しんでいるの。
ロスで録った「音」はやっぱり「西海岸」のさわやかな風の音がするのよ!
やりたいこと山積みで、煩悩の数が多すぎて順番待ち状態です。d0045905_3155371.jpg
by chaki2house | 2005-05-19 03:16 | ライブ

リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧